So-net無料ブログ作成
検索選択

相棒 -劇場版I- 絶体絶命!のネタバレとあらすじまとめ!

2008年に初公開された「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」
が地上波放送されます。

今月に相棒 劇場版の4作目となる「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス」
が公開されますが、 その前に1作目を見ておくのも良いですね!

相棒 劇場版(I)をあらすじ、ネタバレの順にまとめました。

スポンサーリンク

相棒 -劇場版I- 絶体絶命!のあらすじ

ニュースキャスターである仲島孝臣が絞殺され、
電波塔に吊るされる事件が発生。
その現場には「f6」という暗号が残されていた。

ちょうどその頃、視庁特命係係長の右京と、刑事の薫は
衆議院議員である片山雛子の警護中に、
乗っていた車が突然襲撃される。

右京と薫はギリギリで襲撃を食い止めるが、
そこには「d4」の記号が。

さらに、クリニック経営者の傷害事件が発生し、
今度は「g5」という記号...

チェス好きの右京はチェスの棋譜と関係があると睨んだ。
犯人と目される塩谷からのメールに返信し、チェスの対局を行なったところ、
右京は東京ビッグシティマラソンのコースに似ていることに気づく。

犯人の次の標的は、東京ビッグシティマラソンの観客や選手(約18万人)に向けられている。右京と薫が犯行を阻止するために追い詰める・・・

ここから下はネタバレになります。

スポンサーリンク

相棒 -劇場版I- 絶体絶命!のネタバレ

連続殺人事件の犯行動機は、5年前の事件にあった。

木佐原渡は、NPOに参加し、エルドビア共和国で救済活動を行うことになる。
本来は渡の先輩である塩谷が行くはずだったが、
就職が決まってしまったため、後輩の渡に代行を頼んだのだった。

しかし、渡はゲリラ集団に拉致されてしまう。
政府が身代金の要求を拒否したため、渡は殺害されることに。

渡は日本政府からの退去勧告を無視したとして、現地で活動をしていたことを非難されてしまう。

さらに日本に住む父親の木佐原芳信と妹のやよいもマスコミからバッシングを受けることに・・・

渡にボランティアを頼んだ塩谷は、
自分が行かなかったことで後輩の命が失われたことを後悔し、
精神的にも不安定になってしまう。

そして木佐原芳信や妹のやよいまで非難したマスコミ関係者を次々と襲撃したのだった。

ついには東京ビッグシティマラソンに爆薬を仕掛け、国に報復しようとしている。

右京と薫は塩谷をなんとか追い詰め、犯行を止めることに成功。
塩谷のアジトを突き止め、真相を突き詰めようとするが、塩谷は自殺してしまう。

実は、塩谷はただの実行犯で、黒幕がいることに気づく。

裏で塩谷を操っていたのは木佐原芳信。
政府関係者に銃を突きつけて、政府の機密文書である「Sファイル」の真実を問い詰め続けていた。

政府や外務省は「Sファイル」をずっと隠蔽しようとしていたが、
衆議院議員である片山雛子が名乗りを上げ、
「Sファイル」を暴露する会見を開くことに!

その結果、木佐原芳信の息子である渡は政府から退去勧告を全く受けていなかったことが判明。

こうして無事に息子の濡れ衣を晴らすことができた。

最後にまとめ

劇場版の1作目となる、相棒 -劇場版- 絶体絶命! のあらすじ・ネタバレをお伝えしました。
政界の闇を突き詰める木佐原芳信と塩谷の交差する感情と、
冷静沈着で理性的な右京の推理が見所です。

社会の闇が浮き彫りになるシリーズ最初のストーリー、
2017年公開の4作目を見る前に要チェックですね。 

スポンサーリンク


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。