So-net無料ブログ作成

新庄剛志の金銭トラブル内容は?叔父や母親が関係していた!?

元MLB選手で、
現在はバリ島で生活している新庄剛志ですが、
過去には壮絶な金銭トラブルがあったようですね。

叔父にお金の管理を任せていたのがダメだったようです。

新庄剛志の金銭トラブルの内容などについて見ていきましょう。

Sponsored Link

新庄剛志 金銭トラブルの内容は?

新庄剛志は高3の秋に
ドラフト会議で阪神タイガースに指名され、
近くに住む叔父・叔母が新庄剛志の面倒を見ることになりました。

叔父は実業家であり、
個人事務所である「新庄ゴーエンタープライズ」の管理も叔父がしていました。

最初は腰痛を患っていたこともあって振るわない成績でしたが、
翌年9月には一軍に選抜され、
1992年にはプロ初の本塁打を放ち「亀新フィーバー」と呼ばれ注目を集めました。

このころからかなり大きな額を稼いでいたため、
信頼していた叔父にお金の管理を任せてしまったようです。

それにより問題が発生。その内容は、、、

稼いだお金が無一文になっていたことに気づいたのは、
元妻の大河志保と離婚し、慰謝料を払うことになった時のこと。

慰謝料はおよそ4億円が必要でしたが、
事務所に確認したところ、何も残っていなかったことが発覚。

叔父夫婦が事業などに使ってしまったようです。

新庄剛志は叔父を起訴しますが、
面倒を見てきたのは私なのだからと主張し、
解決しないままの状態・・・

さらに、新庄剛志の母親も、
いろいろあってお金を使ってしまったと言ってます。

金銭トラブルの後は、
会社を設立したりアスリートのマネジメントや指導をしたりしていましたので、
少なからずお金は残っていたんでしょうね。 

現在も番組やCMの出演があるので、
ある程度の収入は得ていると思います。

ただ、一番活躍していたプロ野球時代の報酬が全て消えてしまったというのはショックですね...
40億円も一体何に使ったのでしょうか。 

Sponsored Link

最後にまとめ

新庄剛志と叔父はもともと信頼関係にあったはずです。

ただ、叔父が管理していた事務所に全てを任せてしまったせいで、
新庄剛志の稼いだ数十億円が消えてしまうという内容でした。

叔父に完全な悪意があったわけではないので、
叔父を責めることもできないですし複雑ですね...

金銭トラブルは近親者でも起こりうるので
安易にお金を渡さないようにしたいものです。 

スポンサーリンク


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。