So-net無料ブログ作成

小川真澄(パンプキン)の娘と経歴!バツ2・娘が障害で現在は?

小川真澄が爆報フライデーに出演し、
バツ2で娘は知的障害を持っていることが明らかに。

アイドルユニットのパンプキンで活動後は
就職してOLだったみたいですが、現在は何してるんでしょうか?

小川真澄の経歴と娘の障害について見ていきましょう。

スポンサーリンク

パンプキン 小川真澄の経歴

小川真澄は1972年東京都生まれ。
松田聖子を夢見て中1の時にタレント養成所に入ります。

お金がかかり、厳しいレッスンを中学生から受けるとは!
両親は何してるか分かりませんが、かなり良い教育を受けてますね。 

堀越高校に在学中、17歳の時に
パンプキンというアイドルユニットのメンバーが体調不良になったことで、
小川真澄が代わりに加入。

4年ほど活動を続けたみたいですね。

大学に進学し、経営を学びますが、
芸能界に疲れてしまったらしく、
大学3年の時に芸能界を引退。

卒業後は会計事務所に就職して、
10年以上働いていたのではないかと思います。

小川真澄は40歳前後で独立したみたいで、
2012年にはChelipというアイドルをプロデュース。

現在は「Cuel」という食品会社の代表、
サンミュージックアカデミー米子校の総主任、
ラジオパーソナリティーなど

とても優秀な経歴で、
精力的に活動しているみたいですね!

バツ2で現在の旦那は?

小川真澄は3度の結婚を経験していて、

最初の結婚は大学卒業後すぐでした。
その時に旦那の出身地である鳥取県米子市に引っ越し、

8年間という長い間結婚生活を送りますが、
離婚し、そのまま米子市に住み続けることに。

2度目の結婚も5年ほど続いたみたいですが離婚。

3度目にタイヤショップの社長と結婚し、
現在は旦那さんと娘3人で暮らしているみたいですね! 

スポンサーリンク

小川真澄の娘は?

娘は3人とも一人目の旦那の時に出産したのですが、
次女りんかちゃんが軽い知的障害を持っているとか。

生後6ヶ月の時に発熱と嘔吐を繰り返し、
細菌性髄膜炎と診断されて入院。

退院後に後遺症としてその病気が残ってしまい
障害を患ってしまったそうです。

次女は現在18歳ですが、
やはり普通の人が当たり前にできることが難しいというのは
かわいそうですよね・・・
せめて免許ぐらいは取ってほしいものです。

最後に 

元パンプキンの小川真澄は、
芸能界を引退しますが、その後の経歴は凄まじく、
現在は立派な経営者ですね。

娘は3人いて、それぞれ20、18、16歳。
小川真澄の血を引いていますし、
将来が楽しみです!

それに3姉妹なので楽しそうですし
いつでも相談できたりするのでとても羨ましい環境ではありますね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。 

スポンサーリンク


コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。